製造業における原価計算~自社の生産タイプを把握する~

日付
2018/02/27
カテゴリ

 昨夏より「製造業における原価計算」についてお伝えしています。

 今回は【STEP2:自社の生産タイプを把握する】についてお伝えします。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ はじめに :原価計算はなぜ必要なのか?
┃ STEP1:自社の原価構成を把握する
┃ STEP2:自社の生産タイプを把握する
┃ STEP3:自社の原価計算の進め方を検討する
┃ STEP4:原価計算に必要なデータを収集する
┃ STEP5:用語を整理する
┃ STEP6:原価計算制度の構築スケジュールを検討する
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 下記の表は、製造業における

 1)主要な生産タイプごとの、

 2)主な費用と

 3)原価計算の方向性を分類した図表となります。

 

  ここで特に重要なことは、2)主な費用を、

 前回お伝えした「原価構成」を踏まえてしっかりと把握した上で、

 3)原価計算の方向性を検討することです。

 

 

 例えば、

 手作業(労務費)が原価構成の大半を占める下請け組立の場合、

 人の加工時間をチャージの配賦基準とした

 原価計算を検討する必要があります。

 

 一方で、

 材料費が原価構成の大半を占める鋼構造物(橋梁など)製造の場合、

 材料費をチャージの配賦基準とした原価計算の検討で十分で、

 人の加工時間の検討を省略したとしても、

 結果に大きな差が生じる可能性は小さく、

 より低コスト(手間をかけず)で

 実効性のある原価計算を行うことができます。

 

 

┌生産タイプ別 原価計算の方向性(パターンA~E) └────────────────────────

 

【パターンA】+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

┌───────┐ │1.生産タイプ ├───────────────── └┬──────┘  │ <受注生産>下請け組み立て(OEM)  │ <見込生産>衣料品製造(SPA_ユニクロ)  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────┐ │2.主な費用  ├───────────────── └┬──────┘  │ マンチャージ ※注1  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────────┐ │3.原価計算の方向性  ├───────────── └┬──────────┘  │ <チャージの配賦基準>人の加工時間  ├────────────────────────  │ [計算式] 材料費+(チャージ×加工時間)  └────────────────────────

 

 

【パターンB】+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

┌───────┐ │1.生産タイプ ├─────────────────────── └┬──────┘  │ <受注生産>機械加工部品製造/プレス部品製造/ゴム製品製造  │ <見込生産>半導体製造  └──────────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────┐ │2.主な費用  ├───────────────── └┬──────┘   │ マシンチャージ ※注2  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────────┐  │3.原価計算の方向性  ├───────────── └┬──────────┘   │ <チャージの配賦基準>機械の稼働時間  ├────────────────────────  │ [計算式] 材料費+(チャージ×稼働時間)  └────────────────────────

 

【パターンC】+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

┌───────┐ │1.生産タイプ ├───────────────── └┬──────┘  │ <受注生産>自動車部品製造/造船  │ <見込生産>自動車製造  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────┐ │2.主な費用  ├───────────────── └┬──────┘ │ 材料費 └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────────┐ │3.原価計算の方向性  ├───────────── └┬──────────┘  │ <チャージの配賦基準>人の加工時間  ├────────────────────────  │ [計算式] 材料費+(チャージ×加工時間)  └────────────────────────

 

 

【パターンD】+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

┌───────┐ │1.生産タイプ ├───────────────── └┬──────┘  │ <受注生産>鋼構造物(橋梁)製造  │ <見込生産>食品製造  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────┐ │2.主な費用  ├───────────────── └┬──────┘  │ 材料費  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────────┐ │3.原価計算の方向性  ├───────────── └┬──────────┘  │ <チャージの配賦基準>製品重量  ├────────────────────────  │ [計算式] 材料費+(トンチャージ×製品重量)  └────────────────────────

 

 

【パターンE】+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

┌───────┐  │1.生産タイプ ├───────────────── └┬──────┘  │ <受注生産>設備開発/専用ソフト開発  │ <見込生産>家電開発/汎用ソフト開発  └────────────────────────   ↓ ↓ ↓ ┌───────┐  │2.主な費用  ├───────────────── └┬──────┘  │ 開発費  └────────────────────────    ↓ ↓ ↓ ┌───────────┐ │3.原価計算の方向性  ├──────────────── └┬──────────┘  │ <チャージの配賦基準>製品原価  ├───────────────────────────  │ [計算式] 製品原価+(開発チャージ×製品製品原価)  └───────────────────────────

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 ※注1 >> マンチャージ

 

  ……作業者が一時間加工・作業をするために必要なコストで

    基本的には全社共通で対応します。

 

 ┌────────────────────────────┐  │       直接作業者の労務費の合計(※1)       │  │ ─────────────────────────  │  │  直接作業者の勤務時間の合計(※2) × 稼働率(※3)  │  └────────────────────────────┘

    (※1)給与台帳 (※2)出勤簿  (※3)製造日報 

 

 

 ※注2 >> マシンチャージ

 

  ……機械を時間加工するのに必要なコストで、機械ごとに集計します。

 

 ┌───────────────────────────┐  │        機械Aの稼働コスト(※1)        │  │ ───────────────────────── │  │         機械Aの稼働時間(※2)        │  └───────────────────────────┘

   (※1)機械固有のコスト(減価償却費・メンテナンス費用)と

      その他の固定費すべて

   (※2)単位は年もしくは月

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930