保険料改定から

日付
2018/05/29
カテゴリ

 2016年1月から『マイナス金利政策』がスタートし、
 生命保険の保険料が値上げになったり、
 運用が追いつかず、販売停止になったりということがありました。

■ 保険会社の「予定利率」
└──────────────────────────────

 皆様ご存知の通り、
 保険会社は契約者から預かった保険料を運用し、
 利益を出して、契約者に支払う保険金を確保します。

 保険会社の「予定利率」は、
 保険料を運用して見込む「利回り」のことで、
 運用が上手くいくと資金が増え、保険料を安くすることができます。

 逆に、運用が上手くいかなかった場合は、
 保険料を高くしなければ、保険会社の利益が減ることになります。

 厳密にはほかの参考指標も考慮して保険料が決まるのですが、
 やはり一番大きな影響を与えているのは「予定利率」です。

■ 2017年4月の標準利率引き下げ、そして2018年4月の保険料見直し
└──────────────────────────────

 2017年4月、
 国は標準利率を「1%」から「0.25%」に引き下げました。

 この時値上がりした保険が、生命保険でも積立タイプといわれる
 「終身保険」「学資保険」「年金保険」「長期平準定期保険」などです。

 保険会社や加入年齢などによっても異なりますが、
 値上がり幅は約10~25%にもなりました。
 

 さらに2018年4月には、
 「医療保険」や「がん保険」の保険料が見直されました。
 
 この改定は、病気の治療方法や早期発見の技術進歩による
 「長寿化」の影響によるものでした。

■ 保険料の改定・見直しから見えること
└──────────────────────────────
 

 ◇資産性のある保険は、運用としてはあまり期待できなくなった

 ◇保障としての保険は、安い保険料で保障が確保できる時代になった

 これまでに加入した資産性のある保険は、
 保険料や解約返戻金の戻りが悪くなっているため、
 見直す必要はないでしょう。
 そのまま、大切にしましょう。
 
 一方、掛け捨てなどの保障目的の保険は、
 見直してみることをおすすめします。

 年齢などによって、
 一部の保険では保険料が値下がりしているケースもありますが、
 もしかすると
 「一年前に加入した保険だけど、今加入し直したほうがお得!」
 という方もいるかもしれません。

 
 いずれにしても保険は、折に触れて「見直し」が必要です。

 医療保険やがん保険など、
 以前よりも内容が良く、保険料が安くなっているものもありますし、

 何より、保険料は月々にすると少額でも、
 累計すると決して安いものではありません。
 保険内容を確認するだけでも意味はあります。
 

 ぜひ、ご自宅に眠っている保険証券と設計書を
 引っ張り出して広げてみましょう。