資金改善4つのステップ

日付
2019/07/16
カテゴリ

平成31年4月……平成最後の月に新会社を発足いたしました。

社名は「NBC資金を増やすコンサルティング株式会社」です。

 

新会社は名前のとおり、

経営の根幹である「資金」を改善するための

経営コンサルティング・支援を行っております。

 

今回は、現在開催中のセミナーでもお伝えしている

「資金を増やすためのステップ」についてお伝えします。

 

─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─

 

まず、資金を増やすためのステップには

 

1.管理する

2.残す

3.増やす

4.活かす  の4つのステップがあります。

 

この4つのステップ、そしてその手順が間違っていると、

いくら努力しても資金の潤沢な会社は築けません。

 

資金がない経営者の多くは

 

「売上が伸びたから昇給しよう!」

「利益が出たからボーナスを出そう!」

「手元にお金があるから投資をしよう!」

「将来のために生命保険に加入しよう!」

「新規事業を始めよう!」

「店舗を増やそう!」

 

このように資金を“活かす”ことに熱心になりがちです。

 

しかし、足元をみてみると

 

「借入金の残高は数年間、ほとんど変わっていない」

「金融機関に毎期数百万の支払利息を払い続けている」

「売上は伸びているが、人件費や固定費も増え、

 いつまで経っても資金繰りが厳しい」

 

結局、増えたのは

「借入金と社長のストレスだけ!?」という状況に陥ります。

 

大切なのは、最初に資金を“管理する”仕組みをつくることです。

 

◇いま手元にいくら資金があるか把握できていますか?

◇毎月資金は増えていますか?減っていますか?

 

資金を“管理する”体制ができているか?

もう一度考えてみてください。

 

資金を“管理する”体制が構築できたら、

次は資金を“残す”ことに取り組みましょう。

 

穴のあいたバケツに水を入れても、水はこぼれ落ちてしまいます。

経営も同じです。

 

穴のあいた会社で売上や利益をいくら増やしても、

資金は絶対に残りません。

バケツの穴を塞ぎ、資金が残る体制を築くことが大切です。

 

その体制がしっかりできたら、

次に資金を“増やす”ことへ挑戦してください。

 

ライバル会社に対抗して安易な値下げを行うのではなく、

付加価値を高め利益率の高い仕事へ集中します。

それが「企業力の差」となって、将来の礎になります。

 

会社の中には“埋蔵金”がたくさん眠っています。

 

売り方を工夫したり、接客を見直し客単価を上げたりと、

会社内部の改善で資金を“増やす”のです。

 

社員への還元(昇給・ボーナス)や

設備・新規事業への投資といった、

資金を“活かす”ことは最後のステップです。

 

ステップ1~3を経て、

資金がきちんと残る・増える体質を築いた後に、

取り組みましょう。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031