「佰食屋」に学ぶ ~売上を、減らそう~

日付
2019/09/17
カテゴリ

 「売上至上主義がもたらすリスク」は、
 本メルマガでも度々テーマにしていますが、
 それでも 「売上を上げろ!」と社員に喝を入れてしまう方に、
 今日はある企業を紹介します。

 ———————-
 株式会社minitts
 ———————-
 売上を追い求めないビジネスモデルで、
 各メディアから注目を浴びている企業です。
 
 京都市内で運営する飲食店『佰食屋(ひゃくしょくや)』は、
 連日行列・完売が続く大繁盛店。

 『佰食屋』には以下6つの特徴があります。

  1.ランチのみ、の国産牛ステーキ丼専門店
  2.どんなに売れても、1日100食限定
  3.営業、わずか3時間半
  4.インセンティブは、早く売り切れば早く帰れる
  5.飲食店なのに、残業ゼロ
  6.なのに従業員の給料は、百貨店並み

 いかがでしょうか?
 『佰食屋』の名前を初めて聞かれた方は
 「そんなことが成り立つのか?」と思うのではないでしょうか?

 株式会社minitts代表の中村朱美さんが目指したことは
 まさに“売上を追わない経営”で、
 売上を減らすメリットを著書の中で次のようにまとめられています。

 ★「100食限定」が生んだ5つのすごいメリット★
 メリット 1「早く帰れる」退勤時間は夕方17時台
 メリット 2「フードロスほぼゼロ化」で経費削減
 メリット 3「経営が究極に簡単になる」鍵は圧倒的な商品力
 メリット 4「どんな人も即戦力になる」やる気に溢れている人なんていらない
 メリット 5「売上至上主義からの解放」誰にとってもやさしい働き方へ

 売上を減らす経営で勝つポイントは、
 上記のメリット3で掲げた「圧倒的な商品力」です。

 ここで言う圧倒的な商品力とは、
 「お客様から選ばれる商品」かつ「高利益率」であることです。

 『佰食屋』の場合、
 主力商品である国産牛ステーキ丼を
 “いかに低コスト・高品質で提供するか”に
 時間とお金を投下することで繁盛店となりました。

 その結果、注目・優秀企業として数々の賞を受賞し、
 現在は京都市内に3店舗を構えるまでに成長しています。

 一般的に「会社が成長するためには売上が必要」と
 考える方は多いと思います。

 たしかにある程度の売上は必要かもしれませんが、
 今ある経営資源でどれだけ売上を減らすことができるのか?
 そして、利益率を高めるためには何をしなければならないのか?
 何をしてはいけないのか?

 このことを徹底的に考え、新時代の経営を目指してください。

 ○参考図書
 『売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放』
  中村朱美:著/ライツ社
  https://amzn.to/31rqFKA

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031