会計事務所はどのような存在か

日付
2021/04/14
カテゴリ

「日常的な経営の相談相手、第1位は『税理士』」

野村総合研究所が実施したアンケートによると、
日常的な経営に関する相談相手として、
小規模企業では61.0%、中規模企業では63.4%もの方々が
「税理士」と回答しているそうです。

多くの会社が、日々の相談相手に
「税理士」を選んでいることがわかります。

意外にも多い会計事務所への不満・不安

しかしながら、皆様は本当に会計事務所へ
経営の相談ができているでしょうか?

というのも、私たちがお会いする社長の多くから、
会計事務所に対する不満の声を耳にするからです。

よく聞く声としては

「経営アドバイスをしてほしいがほとんどない。」
「試算表の提出が遅い。」
「先生がご高齢で先々が心配だ。」
……など。

そして、会計事務所への不満・不安を持ちながらも

「昔からの付き合いだから仕方ない……。」
「どこの会計事務所も一緒だろう……。」と

諦めている社長が多いように感じます。

税理士業界の現状

週刊ダイヤモンド(2021年2月13日号)でも
特集されていましたが、税理士業界は、

  • 中小零細事務所が多い(約9割が従業員数9人以下)
  • 60歳代以上が過半(税理士の年齢分布)
  • 税理士試験の受験数は10年で半減  ……という業界です。

コロナ禍により、
多くの企業は業績に何らかの影響を受けています。

税金の相談は当然として、
補助金・助成金の活用や銀行との付き合い方(資金調達や返済)、
事業承継(M&Aや相続)対策、今後の経営についてなど、
会計事務所へ相談したい内容は多岐にわたるはずです。

この不透明な時代に経営の指針を示し、
親身に相談に乗ってくれる「参謀」ともいえる
会計事務所とお付き合いできているか否か───。

その違いが今後の経営を大きく左右することは間違いないでしょう。

今、社長がお付き合いしている会計事務所は、
社長の「参謀」になっていますか?
経営の相談はできていますか?