二刀流の育て方

日付
2021/09/01
カテゴリ
,

二刀流の人財

二刀流と言えば、MLBで大活躍している
大谷翔平選手の顔が浮かぶのではないでしょうか。

ピッチャーとしてマウンドに立てば、
160km/hを超えるボールを投げ勝利を積み重ねる。
バッターとしてボックスに立てば、
ホームランを量産し人々を熱狂させる。

その姿は「野球の神様“ベーブ・ルース”の再来」と
注目を集めています。

漫画の主人公のような活躍に胸が熱くなり、
多くの人々が彼に魅了されていることでしょう。

しかし当初は、多くのファンや野球解説者が
「二刀流なんて不可能だ。」
「早い段階でどちらかに絞るべきだ。」と
話していたことを思い出します。

私は、多くの企業でも同じことが起きていると思います。

最初から一つの仕事しかできないと決めつけたり、
立場を理由に一つの役割しか与えない。

例えば、
 ・営業社員は、事務作業ができない。
 ・薬剤師は、接客をしなくてもいい。
 ・建設現場の職人は、営業ができなくてもいい。
 ・新人は、ベテランは……を理由に挑戦させない。

このように可能性を潰していないでしょうか。

さて、2021年4月から中小企業に適用された
同一労働・同一賃金への対応に追われている
経営者の方も多いでしょう。

さらに、10月からは最低賃金が順次引き上げられ、
現状を維持するだけでも、大変な労力を費やすことになります。

実は、このような時こそ、
二刀流人財を育てるチャンスです。

「できない・やらなくていい・やらせない」といった固定観念は捨て、
社員の多能工化を促しましょう。

かつてない困難からは、かつてない革新が生まれ、
かつてない革新からは、かつてない飛躍が生まれます。