金持ち社長の経営 〜節税が会社をつぶす〜

日付
2021/10/26
カテゴリ
,,

2021年10月25日に
新刊書籍『金持ち社長の経営〜節税が会社をつぶす〜』を刊行いたしました。

─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─
『金持ち社長の経営〜節税が会社をつぶす〜』
著:野呂泰史/ぱる出版 
https://amzn.to/3bcUyFc
─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─

多くの社長が、納税額を抑え資金の流出を防ぐために
「節税」を行っています。

しかし、その節税は本当に正しいでしょうか?

「資金」という観点が抜けた節税は
間違った節税であるケースが多く、
逆に企業を苦しめている可能性があります。

節税という言葉を妄信すると、自分の首を絞めかねないのです。
例えば、節税目的で10,000千円使った場合を見てみましょう。

損益計算書 【 節税なし 】 【 節税あり 】
売上高 100,000千円 100,000千円
売上原価 40,000千円 40,000千円
売上総利益 60,000千円 60,000千円
人件費 10,000千円 10,000千円
その他経費 20,000千円 20,000千円
節税費用 10,000千円
当期利益 30,000千円 20,000千円
納税額 9,000千円
(税率30%)
6,000千円
(税率30%)

【節税あり】の方が【節税なし】の場合に比べ、
納税額を3,000千円削減することができています。

しかし「資金」という観点で見てみると……。

【 節税なし 】 【 節税あり 】
預金残高 80,000千円 80,000千円
節税費用 10,000千円
納税金額 ▲9,000千円 ▲6,000千円
納税後預金残高 71,000千円 64,000千円

【節税なし】の方が【節税あり】の場合に比べ、
翌期に資金を7,000千円も多く繰り越せるのです。

この7,000千円の差とその積み重ねが、
新型コロナウイルス感染症のような予期せぬ事態に、
大きな差となって表れてきます。

損益計算書(P/L)だけを見て、納税を避けるために費用を使うことは、
資金面では逆効果
なのです。

資金の流出を減らすために行った節税が、
逆に資金を減らす要因になってしまっている……。
このような企業が多くあります。

社長は貸借対照表(B/S)を見て、
資金という観点から経営を行う必要があるのです。

さらに、節税は利益を圧縮するため内部留保も少なくなり、
金融機関の評価が上がりにくくなります。

まさに「節税が会社をつぶす」のです。

新刊書籍『金持ち社長の経営〜節税が会社をつぶす〜』では、
実際に資金を増やした3社様の事例も実名で紹介しています。
多くの方にご覧いただけますと幸いです。

─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─
『金持ち社長の経営〜節税が会社をつぶす〜』
著:野呂泰史/ぱる出版 
https://amzn.to/3bcUyFc
─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─*─